?独自の サイエンスリサーチ

ゲイナーミンデンは数々の有名大学におけるサイエンスリサーチにおいて医療研究者の注目を捕らえました。彼らが独自に行った研究発表は 足を正しく立たせること、床からの衝撃への吸収力、サポートの持続などにおいて ゲイナーミンデンの際立った優秀性を示しています。

全てを見る | 全てを隠す

正しい立ち方

上記に示すように体重約52キログラムのダンサーが2度ずれて立った場合、最も足をくじきやすい足首の側面に約18キログラムの力がかかることになる。踊っている最中にはこれが自身の体重の十倍にもなることがある。

アムハースト、マサチューセッツ大学のエクササイズ・サイエンス部によると良くトレーニングされたダンサーでもゲイナーミンデンでの方がより正しく立てる事を示しています。正しく立つという事はバレエテクニック、身体の成長、怪我から関節を守る事につながります。 激しいレッスン中など足首にかかる力は体重の十倍にもなり、間違った立ち方では怪我につながる可能性が高い足首へ横にかかる力が大きくなります。ダンサーの足首部分の運動力分析を行うと他のトウシューズに比べゲイナーミンデンは“鎌足”になりにくく よりまっすぐ立たせることを示しています。

抜群なモーションコントロール、体重の分布、安定感

テンプル足病医学学校も ペダバラグラフを使ってのサポートと安定感に関するリサーチを発表しま
した。ここでもゲイナーミンデンは抜群な成績を見せ
他のトウシューズに比べ実際に使えるプラットフォームが38%も大きいことを証明しました。

素晴らしい衝撃吸収力

テンプル大学のチームは又、最新のF‐スキャンテクノロジー(踊っている最中に
足の特定の場所に実際にかかる圧力を探知する)を使い 衝撃吸収力に関する査
定も行いました。 これらのリサーチはすべてプロのダンサーに対して行われ、ここで
もゲイナーミンデンは抜群の成績を見せました。

より良い耐久性

メリーランド州バルテイモアのユニオンメモリアルホスピタルの整形外科生物力学研究室は アメリカンジャーナルオブスポーツメデイスンに色々なメーカーのトウシュー
ズの耐久性を審査するルルベシュミレーションテストを発表しました。 ゲイナーミンデンは248000回のルルベの後もつぶれることなく他のメーカーは足元にも及びません。

トウシューズがつぶれるまでのルルベ・シュミレーションテスト

*Worthen, L. et al., “Biomechanical Issues in Ballet: Alignment at the Ankle in Pointe Shoes,” Performing Artists Medicine Association, proceedings of Annual Meeting, 1997.
**Ng, G. et al., “F-Scan Evaluation of a Revolutionary Pointe Shoe Design,” Temple University School of Podiatric Medicine 14th Annual Scientific Seminar, 1999.
***Cunningham, B.W. et al., “A Comparative Mechanical Analysis of the Pointe Shoe Toe Box,” American Journal of Sports Medicine 26(4):555-561, 1998.